自然に囲まれた京都へ

いつも列車で行く事が多い京都。市内もやっぱりエレガントだけど、些か離れた会社も魅力的で静けさをもらいれる。
都会の忙しさを忘れさせてくれるのでどういう挑発も解消出来るのも何度も足を運びたくなる考えの一つなのかもしれない。
その中でも有名な嵐山に足を運んでみた。
路面列車でもある猛撃電に乗車して線路という路地を走らせる。四条大宮から嵐山までは20パイ程度ぐらいながらも建物街路ってお寺、色んな印象を見る事ができるので時間も経った事をもらい終わらすのもまた可愛い。注目なのも通じる気がする。
駅舎では最前に足湯が来れる住所があったり、寒い冬場も暖まれるのはツーリストにも注目。私も疲労を癒そうといった利用してみるといったふわあ?ってふっと口にしてしまうぐらい丁度良い温かさ。周りの美術館漏れるノリも凄く好み。
そこから嵐山へゆっくりと徒歩で。途中の橋もツーリストで賑わい、途中では画像を撮るヒトも見掛ける。確かに見応えがあるもんな?といった、可愛いメモリーとしてねって情緒でエールを送る。川のにじみ出る声もまた爽やか。
川の流れに沿いながら歩いて松尾大社に。途中で喫茶店に止まりながらもコーヒーを潤沢。一駅舎も寸法を十分にあるから休みながらもブレーク。
歴史ある松尾大社の中に入りながら、また形勢が旨い!とちょこっと長く滞在し、列車の歳月が来たのでそのまま阪急列車に乗り込み梅田へ伺う。
次の京都は惜しくも遠目をめぐってみようかな。愛人募集・愛人契約の相手が見つかる優良掲示板サイトはココ!